暮らすような旅が好き

ハワイ島が大好きで大好きでしょうがないのです。野生のイルカと泳いだり、アロハな人たちとの交流、海、空、森...アイランダー。ハワイ島に行ってみたい誰かに届きますように。

なつかしいラナイから

海からの帰り道、電話が鳴った。

路肩に車を止めて電話に出るとなつかしい声だった。


今どこにいるの?


Ke'ei に入る道のところ。


そっちは?


ビーチハウスよ。


えー!!


遊びに来る?


もちろん!

レンタカーは4WDじゃないから、歩いて行くね。じゃあ10分後に!


電話が鳴って受けるために停めた場所は

10年前に初めてロミロミを学んだ学校へ

続く道への入口だったのです。


その場所へ行きたいな、いまどうなっているんだろうと思っていたのでびっくりしたけど、ハワイ島だなぁと素直に感謝しました。


アンティー マーガレット マシャド


ロミロミをする者で彼女の名前を知らない人はいないと思います。

Voices of Wisdom の本でも紹介されているロミロミの神様。


いま電話をくれたのは娘のN。


なつかしいデコボコ道、タクシーに入るのを断られることもある道。いろんなことを思い出しながら歩いて行った。


おー!

変わってないなあ!

あの時のまま、その古いビーチハウスがありました。

門は閉ざされていたけど、お構いなく入って行く。

ナリター!と叫んで見ると、裏手から現れた。

久しぶり〜!


彼女とはロミロミのカンファレンス以来、2年ぶり?だったけど、お変わりなく、相変わらずの優しさで迎えてくれた。


相変わらず洗濯機はなく、お湯も出ないままらしい。(笑)


当時とは別の犬と猫がいた。

どちらも人懐こくて、可愛い。


大きなソファがポーチに置いてあって、そこに座って久しぶりの時間を過ごしました。

f:id:lehualomi:20170122083848j:plain

海を眺めながら、

なんてここは気持ちいいのだろうと思いました。

あー❣️

スプラッシュ!

鯨だーーー💟🐳


テールが見えたり、ブリーチしたリ、

きゃあ✨


Ke'eiで見れるなんて最高な気分でした。

ナリタがベイビーとママみたいねと言って、

6月にアラスカで親子の鯨に会って、ベイビーがとても近くに来たのよ、ボートのギリギリでジャンプして目が合ったの。

冬は鯨がアラスカからハワイに来るから会えたらいいなあって思ってた。


電話くれてありがとう!



いろんなお話をして、やっぱりロミロミの話になっていった。


実際に腕や背中をやってくれて、私にもやらせてくれて、アドバイスをもらった。

テクニックじゃない。

愛がロミロミなんだと改めてわかった。


ここで説明するのは簡単じゃないので、折をみてまた今度。。


大切なものを頂いた。。


波が大きくなってロコのサーファーが楽しそうに波乗りしている。


ここからの眺めは飽きないな。


またくるね。

その日まで元気でね!




あれから10年。

あの時、衝動的に決めたハワイ島行き。

英語もあやしく、解剖学なんて全く知らなくて、まわりは世界中から来ていたプロのセラピスト達で、、よく受け入れてくれたなぁと思います。

翌年、正式にハワイ島のマッサージスクールに留学して、ハワイ州のライセンスに合格して、、。


心にいろんな思いが湧いているのを感じるけど、少し待っていようと思う。


What do I want to do next?