暮らすような旅が好き

ハワイ島が大好きで大好きでしょうがないのです。野生のイルカと泳いだり、アロハな人たちとの交流、海、空、森...アイランダー。ハワイ島に行ってみたい誰かに届きますように。

ハワイ島暮らすような旅その10

旅の回想.....。


月曜日の朝。6日目。


毎日、お天気でごきげんなハワイ島です。


朝ごはんには、ハワイのフルーツがいっぱい。なんと贅沢なことでしょう!

友だちの庭で採れた元気な果物は、食べてパワーもいただく感じです。


あったかいコーヒーをポットに入れて、いざ海へ。

そろそろ、イルカと泳ぎたい!


今日もいない?の....。

まだ静かな海にはイルカは見えず。。

アラスカからの観光客の女性にイルカは来るかしら?と聞かれる。

さあどうかなぁ〜?

来てくれるといいね〜?

彼らはここで待つことに決めた。


私は、もう少し南下して別のビーチへ行くことにしました。


砂地のビーチでエントリーはやさしい。

ただ、イルカは沖の方に来るから、かなり泳いで行かなくちゃいけない。


途中、丘の上から海をチェックすると、

スピナードルフィンがジャンプしてるのが見えました。


Aちゃん、いるよー!たくさん来てるー!


はやる気持ちを抑えながら、急いでビーチへ車を走らせる。


すでに、何人か泳いでるみたいだけど、多すぎなくていい感じ。

波はあるけど、高くない。

Aちゃんに かなり泳いで行かなくちゃいけないから、帰りの体力は残して楽しんでね。

海ではぐれたら、自分のペースで陸に戻ることにしました。


沖まで一緒に泳いで行きました。

海の中では、イルカのジジッー、キュルキュル、という声が聴こえます。

この音を初めて聴いた時の感動は、言葉にできません。

以来、数えきれないくらいイルカと泳いでいることが答えです。


沖に出て、さらにその声は大きくて、少し

潜ったりしてみると、

きゃあ〜?

久しぶりーー✨

会いたかったよ〜?


ときどきAちゃんを確認しつつ。

また、泳いだ。

大丈夫そうで安心。


イルカはいないけど潜りたくて、ひとり遊び

をはじめたら...

ゆっくりと近いてきてくれた!

わーい、たくさんやってきたー?

目と目があって、時間が止まる。

ベイビーもいて、ママと泳いでる。

海の中は、別世界。

元気なイルカたちは猛スピードで泳いで

ジャンプしたりしてる。

ざっと30〜40頭くらいいたかな?


イルカたちと一緒に泳いでると目の前から

人が私向かって泳いできた。浮上して、

ハグ! なつかしのドルフィンピープル。

おかえりー!いつ帰ってきたの?

いつまでいれるの?

なんて言われながら、次々と海中ハグ!


そして、またイルカと泳ぐ。


楽しんで、後ろ髪引かれつつも、十分楽しんでハッピーな気持ちで、歌を歌いながらのんびり陸に向かった。

これから行く人たちとすれ違いながら、しあわせな気持ちで泳いで陸を目指す。


砂浜にあがると、Aちゃんはすでに上がってた。


楽しかったね〜?

彼女も幸せそうでほんとによかったね!


でも、なんとイルカは見れなかった?って。

えーーー?


まだまだいるから、しばらくしてまたエントリーした方がいいよ!

ってことで、Aちゃんリベンジすると、

満面の笑顔で帰還してきた。


よかったねー❣️

あきらめないで、がんばって泳いでったら

とうとうイルカに会えたようでした。


しばらく海を眺めながらコーヒーを飲んで

余韻にひたる。

次々と友人たちもやってくるし、海からも戻ってくる。

みんな笑顔!


私、イルカに会えたあと、泳いで戻る途中に

すごくきれいなまあるい石を見つけたの。

ちょっと深いけど、えいって潜ってひろって

きた。

Aちゃんに、その石をプレゼントした。


きれいでしょう。この石を見て、ときどき

イルカと泳いだこと、今日のこの美しい朝を思い出してね!と。


もうひとつの時間を忘れないでね、と思って

渡しました。


水のシャワーを浴びて砂を流して、帰宅。

ルンルンルン?


帰宅して、シャワー浴びて、洗濯。

少しゆっくりして、ランチを食べに友人宅へ。ずっと招待してくれてたのに遅くなって

ごめんね。


私の好物のパパイヤサラダを食べに行く。

エイミーのパパイヤサラダは、どこのレストランのよりもずっと美味しいの!!

すし太郎と日本米でちらし寿司を作り、

パパイヤサラダもみんなで一緒に作りました。海で獲った大きなロブスターはひとりに一尾、私のバースデーの為に料理してくれた。

他にもいろいろ。デザートはなんだっけ?

アイスクリームだ!

お腹いっぱい食べてしあわせ三昧。


10歳になる息子のリリカイが、絵を描いてくれてた。いつもお花をくれたりする優しいカイは2歳だったのにね、大きくなった!


Aちゃんも一緒に行ったので、彼女にレイメーキングを教えてあげてとお願いしようかと思っていたら、なんとティーリーフやお花が用意されていた。

よかったら、一緒に作らない?って。


f:id:lehualomi:20161123105042j:plain


楽しくおしゃべりしながらも

それなりに素敵なレイができました。

Aちゃん、記念に持って帰ればいいよ。


ウクレレを弾いたり、歌ったり、楽しい時間はあっと言う間に過ぎていきます。


帰りにバナナやパパイヤを、またもらってしまった。ありがとう!


続く