読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らすような旅が好き

ハワイ島が大好きで大好きでしょうがないのです。野生のイルカと泳いだり、アロハな人たちとの交流、海、空、森...アイランダー。ハワイ島に行ってみたい誰かに届きますように。

ハワイ島暮らすような旅 その7

回想録 ハワイ島の旅 4日目の続き...


片道約3〜3.5時間の女神ペレの棲むハレマウマウ目指して出発!


お水を買いに沿道のコーヒーショップへ。

ケーキの並ぶショーケースに心揺れながらお水だけをゲット。Aちゃんは雑貨やコーヒーのコーナーをチェック。


実は、ここのコーヒーも美味しいです。

コーナー豆も買えます。

時間あるならそのファームの焙煎所併設のショップで買うのがお勧めだったりする


(以前、友人に頼まれて買いに行った時、ここのお店にストックがなくて、お店のスタッフが焙煎所併設のショップを教えてくれたことがありました。翌日、イルカと泳いだ後に行ってみたらショップはクローズしてたの。焙煎の良い香りがしてるのになあと思いながら車に戻るとき、1台の車が来て、なんと中から昨日のスタッフが降りてきたの。彼女が私のことを覚えてくれてて、焙煎中のファクトリーに案内してくれた。中では男性が焙煎中だったけど手伝わせてくれて、できたてホヤホヤを買うことができた。)


次に友人のカフェでランチをゲット。

直営のファームからの野菜やフルーツで美味しい食事もできるカフェレストラン。

私たちは、朝採れのマンゴーをたくさん使ったマンゴーマフィンと野菜いっぱいのキッシュをテイクアウトしました。マフィンは、できたてホヤホヤで我慢できず運転しながらいただきました。


お天気も良くて、オープンエアーにご機嫌な2人のドライブは南へ向かう。


ワイ島は少し移動すると気候も風景も変わります。

溶岩が流れた後?の様相の草木のない溶岩大地を走ります。

しばらくすると、マックナッツの木が見えてきたり、変化に富んでて楽しいー。

ヤギ、牛や馬も見れます。

そして、ペットとして飼われてるシマウマも見れます。(笑)


なだらかな道を降りて行くとプナルウのパンファクトリーのある所で休憩。

大型バスも観光ツアーも一般の車も広い駐車場に結構停まっています。

トイレがたくさんあって綺麗なので、私たちも休憩。サンドイッチやマラサダ、アイスクリームやスムージーなどが食べれます。お土産コーナーもあって、という感じです。

パンはここで作っているので、外にも良い香りが流れて食欲をそそられます。試食ができるので、たいていの人は試食してるかも。

美味しいですよ。

スーパーでも買えるんだけど、レインボーカラーのパンはここでしか買えない?


Aちゃんはマラサダ、私はスムージーをゲット。スムージーは自分でサーブします。なので、たっぷりと注ぎたければできます。私は、飲みきれる量を入れました。たっぷりと!(笑)


さあ、キラウエアまであと半分くらい、がんばろー!


ワイ島もアメリカ的だなあと思うのは、道路に関して。まっすぐな道、アップダウンはあるのにまっすぐな道。日本なら違うタイプの道路になってるなあって、いつも思う。

アップダウンがあるので、たまに前方からの反対車線の車が直前にしか見えなかったり、

同じ車線も然り。安全運転で。


と言っても、サドルロードという別のルートがあるので、この南周りのルートは、車の量が少なくなったように思う。

ここからは時速100マイルくらいで気持ちの良いドライブができたので、気分良く行けました。

※ たまにパトカーがいるので気をつけよう。

日本のようなパトカーじゃなくて、覆面のように普通の車の上に青いランプがついてるので要注意ですよ。


近くになると硫黄の匂いがしてきて、標高も高くなってきています。


到着〜。ゲートで入場料を払うのですが、先日、年パスを買ったので、身分証明書とパスを出します。パンフレットはAちゃんに。


目指すハレマウマウまで、車で3-5分くらい。やっと、来ることができました。


大型バスがいっぱいでびっくりしました。アジア系の観光客が多くなったみたいです。

以前は日本人が多かったけど。

賑やか過ぎてびっくりしたけど、ツアーの皆さんはタイムスケジュールがあるので、あっという間にいなくなりました。


ちょっと静かになって、ゆっくりと座ってハレマウマウ、ペレに挨拶しました。感謝の祈り。そして、ふたりして寝ころんで空見上げました。ちょうど運良く誰もいなかったから。

なあんにも浮かばない、何も考えられない、ただ幸せだなあという思いだけが溢れてきました。

また、別のバスが着いたのでしょうか?賑やかになってきたので移動しました。

ミュージアムを見学して、Aちゃんタイム。

幾つかのお土産をゲットしたご様子です。

お土産は、選ぶのも楽しいですからね。


そして、ラバーチューブへ。

溶岩が流れた後のトンネルのようになってる所。オヒアレフアや大きなシダ、苔の森を歩いて行きます。鳥の声がとても透明で優しく聞こえます。

ここの森の鳥たちの声が今のところ、一番好きです。


ひんやりとしたラバーチューブの中を歩いて、子宮をイメージする人は少なくないかも。外に出たら、リボーンって感じ。


そして、出口の所にベンチがあります。

個人的に、ここはエネルギーの高い場所かなと思っています。

興味のある方は、ここに座って目を閉じてみて。五感が冴えてくるかもしれないですよ。


ちょっと小雨が降ってきて、ブレッシングでした。苔が光って綺麗でした。

森から出ると雨は止んでいました。


スニーカーに履き替えてハイキングへ。

Aちゃん、元気なので1.5時間位のコースへ。

行きは下り道で良い良い。

ジグザグの道を野生のランなどを見つけたり、すれ違う人たちと挨拶しながら行く。

下から登ってくる人たちはちょっとしんどそうな顔で、でも笑顔でハイと言って行く。


下まで降りたー。

昔、火口だっだだろうエリアの入口はオヒアレフアの花が咲いて迎えてくれた。


赤いレフアの花。

摘まないでね。

オヒアと離されると悲しんで泣くという伝説があるから。

今でもハワイではレフアの花を摘むと雨になると言われています。


そして、どんどん歩いて丸い底辺の真ん中あたりで止まりました。

360度見渡して、不思議な世界。

またまた、寝ころんで空を見上げました。

Aちゃんにもすすめて、少し寝る。

岩盤浴みたいで気持ちいい。


言葉はいらない。


さて、そろそろ帰りますか。


今日はハロウィン。

ちょっと街へ行ってみよう、ということで、

まだまだ見るところいっぱいだけど、帰路へ。3時間位のドライブ。

帰りは寄り道しないでまっすぐ帰宅。

着替えて、ハロウィン見物へ。



続く