暮らすような旅が好き

ハワイ島が大好きで大好きでしょうがないのです。野生のイルカと泳いだり、アロハな人たちとの交流、海、空、森...アイランダー。ハワイ島に行ってみたい誰かに届きますように。

ハワイ島暮らすような旅 その4

f:id:lehualomi:20161031223015j:plain2日目の続き...


朝、海で泳いだあとにコーヒーショップで

アイスクリームを食べて...

(友人だから特別というわけじゃなくて、ここはいろんなチョコレートやクッキー、ハニー、フルーツなど、いろいろ試食させてくれます。)


ここから車で1分くらいのお家に戻り、シャワーを浴びる。庭の開放的なシャワーと家の中の2タイプがあるので、日替わりで楽しむことにした。私は屋外のシャワーが好き。


庭先のテーブルに座って、海を眺めながら、軽く試食で満たされたお腹を、もう少し満たす。朝、海で友だちにもらったパパイヤとアボカドをカットして、ヨーグルトをかけて、グルテンフリーのレーズントースト、チップスもつまむ。うん!ヤミー?


彼女は、ポーチで海や空を眺めながら、のんびりリラックスタイム。日記とか書いて過ごしたらしい。

私は、ハワイアンの友人宅にお土産を届けに行く。車で2分くらいのところ。

お土産は、日本食がほとんどで、ハワイ島の友人たちは喜んでくれます。

ここで、パパイヤとバナナをもらった。


今日は、ダウンタウンのビーガンレストランで別の友人のバースデーパーティーに誘われていたので、彼女(以後、Aさんとします)も誘って、ちょっと可愛い格好してお出かけする。

途中、小さな街(ショップが並んでる)に寄って、ビーチサンダルを買った。

ワイ島にも、スーパーやデパートもあるんだけど、ローカルのお店を覗くのが好き。

Aちゃんも楽しそうに選んでいた。

水着とかTシャツなんかも可愛くて、見るだけでも楽しいね〜なんて言いながら。

ストリートの中にアーティストの友人のお店が2つあるので、挨拶に行く。


ひとつはギャラリーで絵画やジュエリーなどのお店。画家の彼女の旦那様も画家。

少し離れた自然の森の中に素敵なお家を10年くらいかけて作ってる。暖炉のあるお家は勿論、その庭や畑がすばらしくて彼女たちの人柄がわかる。


もうひとつは、雑貨やジュエリー、洋服がメインでハワイアンな面白いデザインのものがあるお店。彼女も絵を描く。私は彼女の絵をプリントしてるタンクトップが好きでよく着てる。海で泳いだり、マウナケアでスキーしたり、アクティブな人。


他にも、ウクレレのお店や、ちょっとセンスのいいセレクトショップもあり、ブラブラしてたら、あっという間に時間が過ぎてた。


ダウンタウンまで、海沿いのアリイドライブを走り、目的のレストランへ。


コナの街には、無料の駐車場があるのでとても便利です。時間より少し遅れて...大丈夫!

やっぱり、まだ始まってなかった。(笑)

ビーガンフードって、特に好きというわけじゃないけど、ここのお料理は美味しかったです。Aちゃんは料理に興味がある人みたいで、楽しんで写真を撮っていました。

そして、今後もいろんな集まりに一緒に行くことになったんだけど、彼女いわく、英語は話せないけど、楽しい!そうです。

みんなで歌って、踊って、お祝いのケーキを食べて、2次会はドラムとかダンスで会場を変えるということで、迷ったけど帰宅することにした。

翌日の早朝、イルカと泳ぎたいしね、と。


でも、途中、日本食レストランに寄り道して、コーヒーを飲んで帰った。

ケーキが濃厚過ぎたのと、友人に挨拶のため。ハロウィンの仮装でオズの魔法使いの案山子になってる友人がコーヒーをご馳走してくれた。ここは、ハワイ島の日本のお家のような場所。昭和チックだけどホッとする憩いの場。彼もアーティストで絵を描く。


そして、20分くらいのドライブで帰宅して

車を降りて空を見上げたら、きれいな星空。

明日はイルカと泳げるかなぁ〜と言いながらそれぞれの部屋へ。おやすみなさい。




続く...。