読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らすような旅が好き

ハワイ島が大好きで大好きでしょうがないのです。野生のイルカと泳いだり、アロハな人たちとの交流、海、空、森...アイランダー。ハワイ島に行ってみたい誰かに届きますように。

ハワイ島暮らすような旅 その3

プライベートリトリートのような旅になった昨年のハワイ島。暮らすような旅の回想です。


2日目の朝、7時前に目が覚めて、お湯を沸かしてハーブティーをポットに入れる。

ライスミルクとファーマーズマーケットで買ったジンジャーハニーたっぷりのグルテンフリーのトーストを軽くつまんで、野生のイルカと会える海へ。


遠くに泳いでるイルカたちが見えた。

波がかなり高い。ゴツゴツした石ころだらけのビーチなので、知人の安全のためエントリーはやめた。私ひとりなら行けなくもないけど、まあいいかと次の場所へ。

イルカはいなかった。満ち潮でちょっとラフ。もうひとつの場所へ行くか考えたけど、友人情報でいないと聞いて、今日はここで泳ぐことにしました。

イルカはいなくても、美しい珊瑚の海で、カラフルな魚もたくさんいるし、ホヌ(みどり亀にことをハワイ語でホヌと言います)

すぐ近くに深い藍色のエリアもあってローカルに人気の海です。


初心者の練習にもいい場所なので、彼女のスイミングレベルを知るのにもよかった。

泳ぐのは好きだと言ってた彼女、うん、泳げてる!でも、もう少し潜れたらイルカと泳ぐのにもっと楽しいかも、、と思って、少しダイブの練習をしました。

あの岩にタッチできたらいいねーという感じで、ゲームにように楽しみながら、いくらかコツがわかったようでした。

陸にあがると、なつかしい面々がいました。

おかえりー!のハグ三昧。

友だちの◯ちゃんだよ、って紹介して、彼女もハグ攻撃にあう。(笑)


肩書きも、年齢も、国籍も関係ないの。


彼女が、笑顔の挨拶とハグがうれしかったと旅の感想を言ってました。


海にイルカがいなくても、陸のイルカがいるから、朝の海は素晴らしい1日のはじまりです。

ひとしきりおしゃべりしたり、岩の上にゴロンとして海を眺めたりして帰宅することに。


途中、コーヒーショップへ寄り道。水着やパレオのままで大丈夫なハワイ島

美味しいコナコーヒーを試飲する。

ピーベリーのミディアムローストが好き!

(コナコーヒーNo.1は、有名みたいだけど、ランクは中くらいです。美味しいです。)


ワイ島は、マカデミアナッツも有名です。

ここのマックナッツチョコレートは抜群に美味しいの。お土産にマストの一品です。

私は、早々にこれとコーヒービーンのチョコをゲットしました。


そして、ここのアイスクリームはまたまた絶品。もちろん、2人とも食べました。

泳いだあとの甘いデザートは、外のパラソルの下で、まったりとおしゃべりしながら。。

目の前の大きな木を眺めながら。。


続く。